読めばきっと欲しくなる!たくさんの魅力ある輸入住宅の雑学について詳しく解説

このサイトでは輸入住宅の魅力や雑学について詳しく解説していますので、読めば興味が出てきて欲しくなるかもしれません。
その中にはいくつかのスタイルがありますが、アメリカ式では内装や外観が非常にバラエティーに富んでいること、日本の住宅と比較すると大きいモジュールであること等も説明しています。
国内の住宅と比較すると様々な点において違いがあり、いくつかのスタイルの中には興味を持てるものもあるかもしれません。

読めばきっと欲しくなる!たくさんの魅力ある輸入住宅の雑学について詳しく解説

輸入住宅といっても様々なスタイルがあり、アメリカ式はとても人気があります。
その魅力を見てくと、北米スタイルでは温かみのある雰囲気が持ち味になっていて、少し武骨なデザインのものも多いようです。
家具等でも人気の北欧スタイルの輸入住宅では、寒い環境でも快適な暮らしができるように高断熱で高気密になっていることが大きな特徴です。
愛らしい赤茶色の瓦屋根が用いられる南欧スタイルも魅力的であり、プロバンス風は女性に人気があります。

輸入住宅の建築様式にはヨーロッパ式とアメリカ式の2通りがある

ひとくちに輸入住宅といっても、大きく分類すると「ヨーロッパ式」と「アメリカ式」の2つの様式に分けることができます。
さらに、それぞれの中にも様々な様式がありますので、代表的なものを見ていきましょう。
まずヨーロッパ式の中で良く耳にするものに「北欧風」があり、別名スカンジナビアスタイルと呼ばれることもあります。
特徴はシンプルで素朴な雰囲気であり、日照時間の少ない北欧では家の中で長い時間を過ごすことが多いため、木材を多く使った温かみのある造りになっています。
そして「プロバンス風」、これは南仏のリゾート地のイメージで、テラコッタの自然な色や真っ白い壁が特徴です。
一方のアメリカ式では、「アーリーアメリカンスタイル」があり、これは輸入住宅のなかでも代表的なものだと言えます。
アーリーアメリカンというのは、イギリスの植民地だった頃、開拓時代のアメリカのことを指し、このスタイルの特徴は、当時の懐かしい感じにヨーロッパのテイストを加えた雰囲気にあります。
他には、「ニューヨークスタイル」といって、大都市のモダンさと木材や煉瓦を使ったレトロ感を融合させたものがあります。

ヨーロッパ式輸入住宅には温かさと素朴さが感じられる

昔ながらの日本家屋には母国ならではの味わい深さがあるのでとても安心感がありますが、それとはまたちょっと違った魅力を感じられる住まいを購入したいのであれば、素朴さと温かさのあるヨーロッパ式の輸入住宅を購入してみてはいかがでしょうか。
ヨーロッパと言っても様々な国がありますが、より素朴さと温かさを感じることができる家に住みたいと望む場合、それを可能にしてくれるイギリス製が最もおすすめできます。
イギリス独特の古さを感じられる輸入住宅が多数あることはもちろん、外観が日本家屋とは全く違っていてとてもお洒落な雰囲気を漂わせているので、きっと住みやすさと快適さ、そして特別感を味わうことができるでしょう。
しかも、イギリス製はとにかく外壁などに大きなこだわりを持っているので、カラフルな家を好む方には非常に適しています。
また、お洒落な中にもちょっとした遊び心を取り入れている点が魅力と言えるので、輸入住宅を選ぶ際の参考にしてみてください。

ヨーロッパ式輸入住宅の多くはパネル工法を用いられて建てられている

一戸建て住宅の工法には様々な種類がありますが、ヨーロッパ式の輸入住宅ではパネル工法が採用されているケースが多いです。
この工法は、プレハブ工法の一種で、あらかじめ工場で壁・床・天井などの構造体をパネルとして製造し、現場で組み合わせることで箱状の空間を造り出します。
日本で古くから用いられている在来工法が柱や梁などの軸(線)で建物を支えるのに対し、パネル工法は壁・床・天井の面で支えるのが特徴です。
これにより、高い耐震性が実現できるとともに、パネル同士を隙間なく接合するので断熱性や気密性も高まります。
耐震性が高いので地震大国である日本にも適した工法であると言えますし、断熱性や気密性が高い住宅はカビやダニなどの発生原因となる結露を防止できるとともに、冷暖房効率も高くなるので光熱費の削減を図ることが可能です。
また、ヨーロッパと一口に言っても北欧と南欧では気候の差が大きいため、北欧の住宅と南欧の住宅では特徴が異なります。
北欧では二重窓をはじめとした寒さ対策が、南欧の住宅は夏場の日差しを遮る工夫が施されているので、寒冷地では北欧スタイル、温暖地では南欧スタイルの輸入住宅が適しています。

ヨーロッパ式輸入住宅は耐火性や耐震性など優れた機能を持ち家族を災害から守る

これから輸入住宅を購入しようと考えている方が結構いるかと思われます。
お洒落なデザインなど優れている部分がたくさんあるため、良い選択だと評価できます。
洋風なデザインが目立っていますが、耐火性や耐震性などの機能があることも特徴です。
安全性が高いため、家族を災害から守りたいと考えている方におすすめです。
特に耐久性が高く地震に強いので、地震大国である日本に適した家だと言うことができます。
輸入住宅は面と面を合わせた工法になっていることで、強度がかなり高いです。
日本はどこで大きな地震が発生してもおかしくないため、地震に強い家を選ぶことは重要なポイントになります。
大きな地震は起こらないと言われていた熊本でも最大震度7だったので、災害が起こることも考えて家を購入しないといけません。
何かが起こってから後悔しても遅いです。
輸入住宅メーカーも様々なところがあるので、よく比較して信頼して任せられるところを選ぶことが求められます。

輸入住宅に関する情報サイト
輸入住宅の魅力

このサイトでは輸入住宅の魅力や雑学について詳しく解説していますので、読めば興味が出てきて欲しくなるかもしれません。その中にはいくつかのスタイルがありますが、アメリカ式では内装や外観が非常にバラエティーに富んでいること、日本の住宅と比較すると大きいモジュールであること等も説明しています。国内の住宅と比較すると様々な点において違いがあり、いくつかのスタイルの中には興味を持てるものもあるかもしれません。

Search